関西随一のソープ街!

「関西随一のソープ街!」のイメージ画像

そもそも雄琴とは?

「滋賀県には日本最大の湖・琵琶湖がある」
このことを知らない方はおそらくいないでしょう。
では、
「滋賀県・雄琴には関西トップクラスのソープ街がある」
これについてはご存知でしょうか。
おそらく風俗通の男性なら、誰しもが知っている情報なのではないかと思います。

“日本一のソープ街”と言われているのが東京・吉原ですが、雄琴はそれに引けを取らないソープ街です。
「雄琴」という地名が実際にあるわけではなく、正確には「大津市苗鹿3丁目」の一角がそれに当たります。
ソープ街全体の敷地面積は約30万平方メートル。
これだけパッと言われてもイメージしにくいかもしれませんが、“甲子園球場7個分”と言えばどれだけ広いかがわかっていただけるのではないかと思います。
この広大な敷地面積の中に30軒を超えるソープランドが集中しています。
その光景はまさに圧巻。
「シルクロード」「ゴールデンゲート」「川筋通り」の3つの通りから入ることができますが、どこから入っても洋館あるいは宮殿のような、オシャレな造りの建物がずらりと並んでいるのが見てわかります。
夜になるとあちらこちらでネオンがきらびやかに輝き、一帯が幻想的な雰囲気に包まれます。

雄琴ソープの成り立ち

風俗通なら一度は足を運んでおきたいといわれる雄琴ですが、その始まりは『花影』というお店のオープンがきっかけです。

雄琴初のソープランド『花影』がオープンしたのは1971年ですが、日本で初めてソープが誕生したのはその20年前。1951年のことです。
当初は東京を中心に、関東圏にお店が集中していました。
その頃は「ソープランド」ではなく、「トルコ風呂」という名前でした。
中東エリアの伝統的な公衆浴場で行われていた垢すりサービスから着想を得ており、もともとは日本でも「女性が男性客に垢すりのサービスを提供する」と内容で営業していました。
しかし、浴室には男女が2人きり。
必然的というべきか、自然に性サービスを提供するお店が増加し、口コミで人気を呼んで行ったという経緯があります。
ちなみに、名前が「ソープランド」に変更されたのは、当時日本に滞在していたトルコ人留学生の訴えによるものだったようです。
自国の名前がいかがわしいお店の名称として使われていたことに憤慨し、抗議したのだとか。

そして話は戻り、1971年、関西圏にもソープランドが誕生しました。
『花影』のオープンは関西圏に暮らす男性たちの間ですぐさま話題になり、口コミが広まって、オープン初日からお店の前には長蛇の列ができていたようです。
当日利用できずに帰宅を余儀なくされた男性が100人近くいた、という話もあります。
こうして華々しいスタートを切った雄琴は徐々に店舗数を増やし、現在、日本を代表するソープ街のひとつとして変わらず絶大な人気を得ています。

○雄琴のソープランドはどれも個性的
雄琴で営業するソープランドは、お店によって趣向を凝らしたサービス提供を行っているのが特徴として挙げられます。

一箇所に30近い数のお店が集中している分、店舗同士の競争は激化することは火を見るよりも明らかです。
特に風俗業界は競争が激しい世界と言われており、いかに良質なサービス提供を行い、他店よりも先に多くのリピーターを確保できるかが重要なポイント。
この激しい競争に負けてしまった店舗は長く生き残ることが難しく、そのまま閉店に追い込まれるということも珍しくないようです。
当然、雄琴のソープ街も同じで、いかに他店よりも良質なサービス提供ができるかを常に考える必要があります。
その結果、あまり他では見られないような、オリジナリティあふれるサービス提供をするお店が多く見られるようになりました。
ネットで目にする口コミをチェックすれば、それぞれどんなお店か、利用者のリアルな実感とともにチェックすることができるでしょう。

たとえば、『雄琴さくらん』というお店では、艶やかな花魁姿の女の子たちとの甘美なひとときを提供しています。
ソープランドといえば、浴室やベッドでのプレイがメインの風俗です。
そのため、男性はもちろんのこと、女性もプレイが始まるとすぐに脱衣することがほとんど。
しかし、『雄琴さくらん』では、和装姿の大和撫子としっぽり楽しむこともできます。
はだけた胸元から手を入れてたわわなおっぱいの感触を楽しむもよし、チラリと見え隠れするほどよい肉付きの太ももを見て堪能するもよし、和装ならではの楽しみ方が可能です。
「着物や浴衣を来ている女性にときめく」という方なら、どのソープランドよりも満足し、興奮できるのではないでしょうか。

また、『お医者さんごっこ』というお店では、その名のとおり、患者や医者になって淫乱ナースとエッチな診察を楽しめます。
「要はイメクラじゃないの?」と思われる方がいるかもしれませんが、シチュエーションの再現度合いが段違いです。
男性は患者になるか医者になるかを決めることができ、医者を選択した場合は白衣を着用するという本格っぷり。
さらに、プレイルームのなかは診療室と見間違うほどリアルなセットが用意されています。
もちろん使う器具も、実際に病院で使われるようなものばかり。
なかには分娩台のような本格的すぎる器具もあり、あの手この手でナースにセクハラしたり、逆に卑猥な触診を受けたりといった楽しみ方ができます。

このほかにも、セクシーな美人秘書にセクハラできちゃう『秘書コレクション雄琴店』、現実世界では犯罪行為に当たるスリリングな痴漢行為を体験できる『0510鉄道』『電車ごっこ』といったお店もあります。
マニアックな性癖をお持ちの方、ふだんとは違った斬新なプレイで気分転換したい方は要チェックです。

好みに合わせてソープ嬢を選べる

雄琴のソープランドにおいて種類が豊富なのは、何も各お店のコンセプトだけではありません。
在籍するソープ嬢のタイプも十人十色。自分の好みに合わせて指名しやすいのが魅力的です。

雄琴のソープランドで指名できるソープ嬢は、20代前半の“イマドキ女子”がメイン。
おっとりした雰囲気と愛嬌たっぷりな笑顔で癒してくれる“ゆるふわ系”、男性のM心をくすぐるような攻めを得意とする“痴女系”、ソープ嬢とは思えないような素朴感が漂う“素人系”など、さまざまなタイプのソープ嬢から自由に選んで指名できます。
また、むせ返るほどに濃厚なオトナのフェロモンをムンムンとかもし出す人妻・熟女が在籍するお店もあります。
「若い女の子と遊ぶのもいいけど、それでは物足りなさを感じる」
「すべてを包み込んでくれるような女性と濃厚なひとときを楽しみたい」
そんな方におすすめです。

雄琴で遊ぶときは『雄琴ソープガイド』がおすすめ

このように、雄琴のソープランドはお店の種類も在籍するソープ嬢のタイプも多種多様。
そのため、自分の好みに合わせたお店・女の子選びができる一方で、魅力的な選択肢が多すぎてスムーズに決まりにくいというネックな点もあります。
これは実に贅沢な悩みではあるのですが、実際に雄琴で遊ぼうと思うと、多くの人が良い意味でお店や女の子を選ぶのに苦戦するようです。

そんなときは、雄琴のソープランド情報に特化したポータルサイトを使うのがおすすめです。
そのようなポータルサイトは今や多く見つけることができますが、そのなかから今回は、ふだんから私も愛用している『雄琴ソープガイド』をご紹介します。

『雄琴ソープガイド』は、スマホからでもPCからでもアクセスできる雄琴ソープ専門のポータルサイトです。
24時間いつでもアクセスできるので、出勤中や休憩時間、就寝前など、いつでも好きなタイミングで雄琴ソープの最新情報をチェックできます。

このサイトでは、雄琴で営業するソープランドを利用料金の総額にあわせて、「高級店」「大衆店」「格安店」の3タイプに分類しています。
ここでいう高級店とは、総額料金が5万円以上のお店を指します。
そして、大衆店は2万円以上5万円未満、格安店は2万円未満のお店をそれぞれ指しています。
ソープランドというと、数ある風俗の業種のなかでも最高級のおもてなしを受けられることで有名ですが、その一方で高額料金が気になるところでもあります。
そのため、予算を立て、各お店の料金システムを慎重にチェックしつつお店を選ぶ方も多いのではないでしょうか。
『雄琴ソープガイド』なら、いずれのタイプに分類されているかによって大まかな料金システムを知ることができます。
もちろん、細かい部分までは店舗紹介ページやそのお店の公式ホームページをチェックする必要がありますが、あらかじめ予算に見合ったお店を絞れるのは便利な点といえるでしょう。

また、ソープ嬢についても、「巨乳」「長身」「小柄」といった希望する条件に合わせて絞り込めます。
女の子の外見にこだわりがある方も、自分好みの子を探しやすいのではないでしょうか。
このほかにも、女の子たちのプライベート姿を覗くことができる「写メ日記」「自撮り」、人気のお店や女の子がひと目でわかる「ランキング」、雄琴ソープの最新情報を随時お知らせしている「編集部ニュース」「トピックス」など、役立つコンテンツが盛りだくさんです。
完全無料で気軽に使えるサイトなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

○どこからが“巨乳”?
『雄琴ソープガイド』では、女の子を外見的特徴から絞り込めると言いましたが、その中でも特に「巨乳」のジャンルは需要が高いようです。
多くの男性にとって、巨乳の女の子はもはや“魅力の塊”と言っても過言ではないでしょう。
おっぱいは男性が真っ先に注目しやすいパーツであり、それが大きければ大きいほど、女性としての魅力を感じやすいのだとか。
巨乳は男性にない身体的特徴のひとつであることから、自然に興味関心が湧きやすいようです。

では、一般にどこからが巨乳に分類されるのでしょうか。
某有名女性誌の調査によれば、「EもしくはFカップ」と回答した男性が約半数を占めたという結果が出たようです。
これはあくまでも目安であり、人によって基準は異なりますが、Eカップ以上であれば巨乳と認識されやすいようです。

このことを踏まえて『雄琴ソープガイド』を使い、「巨乳」の女の子を調べてみると、確かにEカップ以上の女の子たちばかりが紹介されています。
むしろEカップの子すらほとんど紹介されておらず、最小でもFカップの女の子たちばかり。
なかにはHカップやIカップといった、いわゆる“爆乳”の持ち主も多く紹介されています。

“巨乳ソープ嬢”は魅力がいっぱい!

では、そんな巨乳美女の魅力はどこにあるのでしょうか。

まず挙げられるのは、「視覚的に興奮できる点」でしょう。
女の子の全身を見たとき、否が応でもその迫力満点なおっぱいに目が行きます。
自然に「顔やアソコを挟まれたら気持ちよさそう……」とエッチな妄想を張り巡らせる方も多いのではないでしょうか。
そして、これはプレイ中でも同じことがいえます。
巨乳であれば、少し体を動かすだけでもおっぱいは大きく揺れます。
素股をはじめ、激しめの動きを必要とするプレイであれば、なおさらダイナミックに揺れることでしょう。
そんなブルンブルンと上下左右に揺れる巨乳を見て、男性はさらにアソコを硬くするのです。

続いて言えるのが、「揉み心地の良さ」です。
見た感じではずっしりとした重厚感を放っていますが、実際に触ってみると柔らかく、ふんわりとした感触を味わえます。
これはどんなおっぱいでもほとんどの場合はそうですが、やはり巨乳はそのサイズが大きい分、揉み心地も抜群。
よく言われる「指がどんどん吸い込まれるような感覚」というのを顕著に感じ取れるのが巨乳です。

そして、ソープランドのような濃厚プレイを楽しめる風俗においては、巨乳を駆使したプレイを楽しめるのも魅力のひとつといえるでしょう。
たとえば、巨乳ならではのプレイとして有名なのがパイズリです。
多くの方がご存知だと思いますが、これは大きなおっぱいにイチモツを挟み込んでもらい、そのままシゴいてもらうというもの。
アダルトビデオなんかではよく見かけるプレイですが、実際にパイズリをできる女の子は少ないと言われています。
現に、いくら雄琴のソープランドで圧倒的な人気を獲得しているソープ嬢であっても、おっぱいのサイズ的にパイズリできない子はいくらでもいます。
それに比べて巨乳の女の子なら、いともたやすくギンギンにそそり立つイチモツを優しく包み込んでくれることでしょう。
爆乳クラスになれば、根本から亀頭までが完全に谷間に埋まり、まるでおっぱいに挿入しているかのような感覚を楽しめます。

このように、巨乳ソープ嬢を指名するか否かによって、ソープ遊びの楽しみ方は大きく変化します。
根っからの巨乳・爆乳好きだという方はもちろんのこと、ふだんと違ったプレイ、興奮を味わいたい方にもおすすめです。
『雄琴ソープガイド』を使えば簡単に雄琴を代表する巨乳ソープ嬢たちをチェックできるので、ぜひ使ってみてください。